ほっこり

今回は国内部の森が担当させて頂きます。

先日、面白い車が入ってきましたー

ホンダのフィットなのですが斬新なボディペイントが・・・

1

 

 

 

 

 

一般的には 落書き と呼ばれている様ですが

ここ最近で嬉しいと感じたペイントでした!!

23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

所々にお車に対しての感謝のコメントが・・・(ほっこり)

本来ならリサイクル部品として再生しにくい状態なので少し困りますが

お客様が事前にどうしてもお子様に書かせてあげたいと連絡が有り弊社、フロントが快く

『好きなだけどーぞー』と即答 さすがと思いながらも全ての車になると・・・

イイデスヨーとは言えませんが

最近、なかなかこの様にお車に対しての感謝の気持ちを目の当たりに遭遇する機会が無かったので嬉しく感じました。

4

 

 

 

 

 

 

弊社一同、お客様が大事に乗って頂いたお車を譲り受け、最終処理まできちんとさせて頂きます。ありがとうございます。

どんなお車も買取りさせて頂きますので是非、ご一報ください。

そこで・・・・・

皆様へお車へ落書き ボディペイントしたい放題出来るイベントを近日開催します。

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

エアバック展開ショー

自動車解体実演ショー

車に落書きしたい放題コーナー等々

平成28年8月27日 土曜日  午後3時~午後6まで

第一回感謝祭として色々と企画しておりますので是非、ご来場ください。

お待ちしております。

 

夏といえば・・・ PART2

こんにちは!社内でマモーに似ていると言われている眞伏です。

そう!夏といえばうなぎです♫

DSCF1233

去年は船江の本社工場と玉城処理工場で2箇所で頂いたうなぎ。

 

今年は、出張の人や営業の人はいませんでしが、無事に本社の新しい社屋にてみんなで美味しく頂く事が出来ました。

DSCF1225

 

来年も美味しいうなぎをみんなで食べられるように、暑さにも負けず、頑張って行きます。

皆様も暑さに負けず、今後共有限会社 岡野自動車商会をどうそ宜しくお願いいたします。

 

第2回 岡野自動車BBQ

今回ブログを担当する浅沼と埜口です。
先日7月17日に開催された第2回岡野自動車BBQの様子を少しですが写真などを交えながら紹介したいと思います。
第2回ということで、第1回に負けないようにあれこれがんばりました。

今回のBBQは水の掛け合いから始まりました。
20160717_124035
天気は曇りでしたが暑かったので気持ちよくそしてとても楽しい雰囲気でした。

BBQではコミュニケーション委員会が用意した食材と、社長からの差し入れで高級タラバガニ・エビをいただき、とても豪華な内容になりました。

終始笑いが耐えない雰囲気で社員同士のコミュニケーションもしっかりとれた良いBBQになったと僕たちは感じています。

最後にBBQの楽しさが伝わる写真をご覧下さい!それではどうぞ!
20160717_125140
20160717_125357
20160717_125327

毎年こんな楽しいBBQができるように仕事も頑張っていきます!

以上、浅沼・埜口でした。

社員紹介 Part2と

解体担当の平野です。
前回、新人紹介のブログを書きましたが
今回は、ベテラン?の梱包職人の浅沼くんです。
image
注文を受けて、発送する商品は全て…
ではないですが、ほぼ全て彼が梱包しています。
エンジンから大型のバックドア、小さいパーツまで
そんな茶髪で色白で垂れ目の浅沼くんでした。

が、ブログが少しさみしい感じになりそうなので
先日、自分がやった仕事のことを少し
image
前のブログに載っていたBRZの解体しました。
事故車でしたが、生きているパーツは全て外しました。
写真の状況はこれからエアコンのガス、クーラント、エンジンオイル、ガソリンを抜いていく作業前です。その後、エンジン、足廻りをバラす工程に入っていきます。
初めて処理した車だったので少しワクワクしながら仕事してたと思います(笑

そして、岡野自動車商会新社屋完成から1年経ちます。
そこで、来月8月27日(土曜)に岡野自動車商会感謝祭を開催します!
PM15:00〜PM18:00まで
たこ焼き、かき氷、フランクフルト食べ放題
射的、ヨーヨーすくい
エアバックの処理公開、と二ブラ(重機)での解体ショー
などなどあります!
近くにお住いの方、伊勢神宮に観光に来られた方
ついでに寄ってみてはいかがでしょうか?(笑

SUBARU BRZの事故車が入庫しました!

今日はわたくし眞伏夏海(マブシナツミ)が担当させて頂きます。
私は海外とのお客さんとメールでやり取りしたり、海外向けの発送業務をしています
が、事務所の一番前に座っていて、来客の方の受付をしたりもしているんです。
そして、毎日入庫する車もよく見えます。
結構新しくていい車(と言っても事故車ばかりですが)が入庫するので見ていて
楽しいです。
今日は青いBRZが入庫してました。オークションで32万円で買ったらしいですが、
一般の方からもぜひ見積もり頂いて、もっとBRZ事故車買取させて頂きたいですね。
普通じゃ乗れないから解体する前に自称福士颯太の山本君と記念撮影しました。

P1030796

2016/07/07 Myanmar Container

2016/07/07 Myanmar Container

有限会社 岡野自動車商会

工場長 北尾 有志

7月の1本目はミャンマーコンテナです。

積み込みをした商品はエンジン31台、外装15台分、ノーズカット30台、アクスル58台分、ホイール(タイヤ付)3セットとなります。

下の写真はシール(封印)というものでコンテナ積み込み終了後に扉を閉めてこのシールをします。

img_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シールには番号が記載されており一度閉めるとシールを切断しないと開けられなくなっています。

荷物が紛失しない、コンテナのドアを開けられない様にする為のもので、
バン詰め(コンテナの中に荷物を詰める)した後、必ずシールをしなければなりません。

一度閉めたら開けることができるのは税関かコンテナの荷物を買ったお客様だけなんですよ。

途中で開けることができたら荷物がなくなったり、コンテナを悪用されたりする可能性がありますもんね。

商品の積み忘れやコンテナからオイル漏れがないか、積み込み時にスタッフの電話や財布な(私物)など置き忘れがないかを確認しシールをして出荷です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016/06/30 Dubai Container

2016/06/30 Dubai Container

有限会社 岡野自動車商会

工場長 北尾 有志

6月4本目はドバイコンテナです。

今回は車両3台とエンジン、足回り、小物がメインのコンテナです。

トラック(ダイナ)には軽トラック(キャリー)を載せその周りや荷台にアクスル(足回り)や小物(ラジエターやオートファンなど)を載せて準備しておきます。

バン(キャラバン)には外装部品(バンパーやフェンダーなど)を載せて準備しておきます。

前日にミーティングで積み込みの順番や積み方などの段取りをスタッフたちで話をし決めておいて積み込み開始です。

 

 

最後に扉を閉めて鍵をすれば完成です。

段取り8分・・・まさにその通りだと思います。

15時過ぎには終了^^

 

2016/06/23 Myanmar Container

2016/06/23 Myanmar Container

有限会社 岡野自動車商会

工場長 北尾 有志

6月の3本目はミャンマーコンテナです。

今回積み込むのはこちらの商品たちです。

このような部品を生産し管理しています。

しかしいつもアクスルの在庫は・・・多い(汗)管理も大変なんです。

準備もしっかりし、いよいよ積み込みです。

40フィート(約12メーター)のコンテナへコンパネやマットなどの緩衝材を使用し 商品にへこみや傷が増えないよう綺麗にコンテナに入れていきます。

積み込みが終了したコンテナは約1カ月かけてミャンマーへ送られます。

 

 

 

2016/06/15 Dubai Container

2016/06/15 Dubai Container

有限会社 岡野自動車商会

工場長 北尾 有志

6月の2本目は前回に引き続きドバイコンテナです。

今回はハーフカット6台とCKD1台とエンジン、足回り、外装、小物の積み込みです。

上の写真がCKDという商品です。

CKDとはComplete Knock Downの略で海外にバラいてある各パーツを送り、現地にて組み立てて完成させるという意味なんです。

このCKDも現地にて組み立てられます。

ハーフカットやCKDの空いているスペースへモーターやファンなどの小物を積み込みを事前にし、コンテナに入れていきます。

コンテナの残りのスペースへタイヤやエンジン、外装で埋めていきコンテナ内のスペースをなくしていきます。

積み込みをした商品が壊れないように気をつけながらパズルのように組み合わせていきます。

コンテナをいっぱいにし積み込み終了です。

次回はミャンマーコンテナです:;

 

トラックのエンジン下ろしてみました

今回ブログの担当させていただく北尾です、僕の仕事は車を解体してエンジンやパーツを取り外す事です。

なので今回はトラックのエンジンが下りるまでの過程を少し紹介します。

DSC_0496

 

このタイプのトラックではまず運転席があるキャビンを撤去しないとエンジンが下せないので外します。

DSC_0499

そして撤去した状態がこれです、エンジン丸見えになりました。DSC_0498

ここからエンジンに繋がっている配線やらホースやらエンジンを固定しているネジなどを外してやっとエンジンが下りました、写真では簡単に見えるかもしれませんがここまで来るのに結構な時間を要します(汗)

DSC_0497

エンジンが無くなってリヤカーみたいになったトラックです(笑)

そしてこの下したエンジンは状態によって海外や国内販売に振り分けられます。

それでは、これからどんどん暑くなりますが皆さんも熱中症にならないように気を付けてくださいね!