月別アーカイブ: 12月 2013

ニュージーランド中古車・解体屋事情

今年から始めたニュージーランド中古車輸出ですが、やはり行かないと感じとれない事は 多かったと思ってます。  電話やメールでどんだけ深く聞いたって、どうしても日本人の常識で解釈してしまうんで すよね。現地の人の車の買い方、使い方、道路事情、ネットで検索すればいくらも出てくる だろうし、メールで教えてもくれます。  でも、これは海外に限らずどんな事でも言えると思うけど、現地に行って1日の24時間 を24時間使って過ごして感じる事、理解できない事は沢山あると思います。  どんなにインターネットが便利で世の中が狭くて近くなっても、そうだから面白いですよ ね。特にスゴイ写真も話もありませんが、車関係の仕事を一通り見てきました。 まずこれが、NZ大手オークション会場のターナーズ、休憩しているのではなく、奥のお立 ち台のオッチャンが手競りでやってます。手前のミストラルが出品車です。 日本の様に業者だけが来れる訳ではなく、ユーザーも業者も誰でもOK!(^^)! 子供連れの家族も居ました。 NZに入った車はこうして内装をはがされて水没や事故歴の検査をします。 パス出来ないと修理命令が出ます。 うちが送った車・・売れ残ってるなぁ(・_・;) 解体業者も見て来ました。 ほんの20年前は日本もこんな感じでしたよね。それにしても この積み方といい、懐かしい車といい、雰囲気たまらないなぁ・・   オークランドで偶然見つけた解体業者。完全にもぎ取りセンターでしたね。 学生の時に京都の八幡によく行きましたが、こんな感じだったのを思い出しました。 値段はプライスリストで明朗会計!! 2$(160円)の入場料でもぎ取られたら、なんだか損 する気がしたのですが、何と一日の入場者300人だとか!! ディズニーランドより安くて楽しくて一日居れるよねー   次回は業界人にしか判らない様な中古部品事情も掲載したいと思います。。。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。