月別アーカイブ: 10月 2011

ミャンマー 中古車事情

最近の一カ月はずっとミャンマーに車を輸出する事ばかりに気をとられている。。 あるきっかけでいち早く情報を頂いて、車を仕入れたので何とかして、継続的なビジネスに繋げたいと思ってます。 だけど、ミャンマー政府の対応が、あまりにも超行き当たりばったりで困りつつ笑ってしまう。 ルールや規制が、ほとんど後付けなんだよなぁ・・ 例えば、 9月19日から輸入許可証を持っている人の名前で、直接日本の売主にドルで振り込んで中古車を買えるようになった。 しかも、この法律の公布は1週間前の9月12日だ(-_-;) でも、法律上は外貨の所持が規制されていて事実上ドルで振り込めない。それで10月1日になって、公認外貨両替所を開設している。しかもレートがよくて、闇両替でないので人が殺到し大混乱。1週間ほどで「輸入許可証」を持った人に限って両替出来る事になる。 古い車を解体した代わりにもらう輸入許可証は2002年までの右ハンドルだが、次のプロジェクトは2005年以降の左ハンドル だそうだ。(危ないなぁ・・・) 結局ミャンマー国民も、少しルールが落ち着くまで様子を見ているのが、実情の様だ。 大体最初は$3500までって言っていたのが、ものの一週間で$5000までOKに変わってしまいましたからね。 (実情は表向きだけ$5000で、別の形で追い金してでも高級車を買いたがるが・・・) 大体その情報に基づいて最初の25台を買ったから、僕は安いのしか持っていない(-_-;) RORO船(車専用船)を待ちきれなくて、コンテナで送った人達は、荷受け拒否でコンテナごと日本へ返されたという情報もある。(没収されなかっただけマシかな)。 あらゆる事が想定されている日本とは違い、色々決まってない。で、見込みで行動すると罰せられたり、没収されたりする。 コンテナで送るなんて、僕も4~5台まとめて売れてたらやってたかも知れないものなぁ。 まぁそんな感じですが、少しずつでも、民主化、市場開放 しています。 縮小する日本経済より何倍も面白味ありそうで、その辺見極めながらやってみたいと思います。 写真はミャンマー人に人気のハイラックスサーフ 僕の持っているのは1997年式で、彼らが欲しいのは1999年式 そこに100万円以上の価値の差を付けてしまうのには閉口してしまいます。 僕のこれは70万円でいいっていってるのに、20万キロも走った1999年式が200万円出してでも欲しいらしいです ((+_+))

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

ミャンマー車狂想曲!

ミャンマー・マークⅡ・サーフ と書くだけで、今ならブログの検索率が劇的に 上がりますね(;一_一) 9月15日なら30万だったマーク2が今は100万円! 22日だったら40万 だったハイラックスサーフが250万円?   現実のお話です。 僕はその数日前前にミャンマーの知人から情報を得ていました。 お客さんからは、「どうなっとんの?」「誰が儲かるの?」の電話攻撃(*^_^*) 詳細は知ってるつもりですが、書ききれないので割愛します。が、儲かっている のはもちろん出品した車屋さんです! 簡単に言えば日本の土地バブルと同じだとおもいます。そこに「需要」は存在 していないと思います。 必要無い人が必要ない人に「これは値上がりする」の情報の元に転売ゲーム と思います。 土地は日本に存在して移動出来ませんでしたが、ミャンマーのバブル対象の車 は日本のオークションに出ているのでややこしいんですね(+o+) 僕も持っています。ミャンマーに送るつもりの車50台・・ 投機目的ではないんで そんなに儲かりませんが、「いち早く情報を掴んで仕入れていて、転売せずに ミャンマーに送る事が出来る」という意味では、まっとうな商売としてワクワクしています。 目的が違うんだと思っています。50台ミャンマーに送って関係者が満足して、細く長い ビジネスに繋げたいと思ってます。 「細く長い」僕の中では、重要なキーワードです しかし、ミャンマー政府の朝令暮改にはさすがに呆れますが・・ この辺はいまだに理解に苦しみます((+_+)) なんとか成功させてアイツに貢献したい! もちろんビジネスですから利益は頂きますが。 一段落着くまでは、飲んでも酔えませんわぁ

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。