月別アーカイブ: 8月 2011

アルファード事故車買い取り

昨日は、JU愛知というオークション会場に行きました。 事故車をメインに6台買う事が出来ました。 やはり円高の影響でしょうか? 気持ち落札価格が落ちている様にも思いました。そう考えると皆さん薄利多売なんですよねぇ  CIF$3000の車を売ったとして(つまり現地着値$3000)、5円の円高でも実際は15000円違うだけなんですよね。 でその15000円=$200の値上げが現地で受け入れられない。って事なんでしょうね。しかもその15000円を日本側で削るだけの利益の余裕もないって事じゃないかな? まぁ自分もそうしてるから、理解は出来るけど、結局究極の値段(薄利)で動けるのは、出稼ぎ外国人かなぁなんて変にライバルを認めてしまいます。。。 まぁともあれ、色々買えたからいいや このアルファードは35万円でした。この類の車は直して売る板金屋さんとの勝負かな。利益は出ないけど、社員の給料と会社の維持費位にはなると思います。まぁ当面そういう感じでし動けるかどうかの勝負が続くでしょうね。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

マレーシアレポート その1

7月24日から弊社北尾工場長と、愛媛の門田商店の輸出責任者の井上君と3人で、いつもコンテナ出荷しているマレーシアのGITさんを訪問しました。 簡単に言うと我々が日本で生産した商品をマレーシアで委託販売してもらってます。  日本の車はもちろん、部品も世界中の人々が欲しがっています。台湾や中国の社外新品よりも、日本で10万キロ使った中古部品の方が人気があるというのも理由の一つです。この滞在期間に合わせて門田商店も弊社も、コンテナを到着させました。   一日目はまず、門田商店のコンテナ荷降ろしです。 右が開封したコンテナ、左の建物がGITの倉庫です。 今日と明日で2本降ろして商品でいっぱいにしてから、販売です! 今回の目玉商品かな? プラドのボディーシェルが積んでありました。                                     これはどういう状態かというと、簡単にいうと解体された車両です。自動車リサイクル法は部品の再利用を推奨しています。売ってはいけない部品はエアーバックのインフレーター(爆発部分)だけです。このプラドにはエアーバックは付いていないので、全ての部品を商品として利用したという形になります。 もう一度組み立てて、登録できる国なら問題なしです。(ちなみに日本も海外から来た車ならOKと思います。)どちらかと言うと輸送コスト削減の意味合いが強いと思います。組み立てるだけだもんね 原寸大プラモデルですよ 2日目には弊社のコンテナと入れ替えです。  しかし道を通行止めにして入れ替えとはね。でも、これも常識の一つですね。工業団地のような一角ですが、みんなお互い様!誰かの会社に文句言ったり、言われたりは無いみたいです。でも右に写ってる白いトラックはGITのトラックなんだけどなぁ これ動かしたら通行止めの必要ないのにね。まぁその辺がアバウトでいい感じ!  ということで、マレーシアレポートその1終了。 疑問質問ありましたら、コメントくれたらお答えします。 ついでにフェースブックで見てる方は、会社のHPの「いいね」をポチってお願いします。。。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。